新築一戸建て・建売・中古・マンションなど仙台を中心に青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島の住宅診断・住宅第三者検査を行う一級建築士事務所

欠陥住宅東北ネット所属

022-781-8757
受付時間
9時~18時 お気軽にお問合わせ下さい

欠陥住宅のできる背景

こちらでは、なぜ住宅業者は無責任施工をしてしまうのか? 知られざる人間の心理について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

ある仕事の話し(ここでは新築したいというお客さんがいて、自己予算は1800万としましょう。)が舞い込んだとします。

住宅業者はこの新築工事の受注をわが社のものにしようと考えますが、
ザックリ計算してみても予算オーバー。
どう考えても
2000万はかかります。


ところが住宅業者は採算は合わないが、あえて低価格を提示して、
その新築工事を受注しようとします。

このようなムリくり受注しようとする行為をダンピング受注といいます。

採算が合わないと知りつつ、なぜ受注しようとするのか?
なぜ、業者は低価格を提示してくるのでしょうか?

現代は全国住宅着工数が激減する中、大手ハウスメーカーなどの進出により住宅業界は激しい受注競争をしている時代です。
小企業や零細企業は宣伝広告力や経済力という点で大手ハウスメーカーには到底かないません。ハウスメーカーだけではありません。建築業者は星の数ほど存在します。

そんな中「新築したい」というお客さんが現れたら?

社長さんは当然張りきりますね。
(営業社員の場合、契約が取れたら"手当やボーナス"がある)

しかし、他数の住宅業者から見積をとる事は当たり前の時代ですので、
「貴社に決めました」という所までこぎつけるには、何としても他社に勝たなくては
いけません。何かお客さんに『当社なら!!』の魅力を見せつけて、なんとかして自社に誘導したいのです。

お客さんに見せつける自社の魅力。それは一体何か・・・?


それは大半の社長さん・・・。

低価格の工事費(魅力)を提示して
他社より自社を
選んでもらおうとするのです。

ここから無責任なことに
『狂ってしまう』こととなるのです・・・。

ケース1.どんぶり勘定

どんぶり勘定の社長は何も考えていません。

特に注文住宅の場合は、建物各々により使用する柱や梁、合板数量やクロスの㎡数等、材料数量がマチマチであり、複雑で見積るにも時間がかかるのでですが、最初から数量を積算する能力がありませんので、過去の経験に基づいて金額など話しを進め・・・。
アバウトな見積金額を提示・・・そして契約へ。。。

このようなどんぶり勘定の社長でも『引き算』くらいは出来ます。


契約した金額から、基礎屋さん代、建材代、水道屋さん代、クロス屋さん代、電気屋さん代などなど。。。工事が終わった後に支払わなければいけない外注費を引き算をします。

結果・・・。
ここでようやく儲けなど全くないことに気づくのです。

いくらなんでも赤字はマズイと考えたバカな社長は、
お客さんの心を踏みにじるような行動を起こします。


まずは設計の仕様を変える。

勝手に安いモノに変えてしまえと考えるのです。

  • 杭工事では杭本数の減などを指示
  • 基礎工事では鉄筋の本数や太さを変えようと指示
  • コンクリート工事では安いコンクリート(強度の弱い)を打設するよう指示
  • 木材材種の変更、乾燥材から値段の安い未乾燥材に変更するように指示
  • 材料厚さを厚いものから薄いものへ変更するよう指示
  • 断熱材の仕様(高密度)を勝手に安い断熱材(最低密度)に変更
  • 大工工事は腕の良い大工さんではなく、安くやってくれる大工さんに依頼
  • そして大工さんの請負金額を値切交渉
  • 大工さんには大工工事をさっさと終わらせるように指示
  • 気密フィルムなんぞは張る必要はない
  • クロスは一番安い量産タイプへ勝手に変更
  • 初めから見積に無いなどと言い、照明器具等が無い
  • トイレ便器や住設機器が勝手に安いものへと変わっている
  • 竣工クリーニング無しetc...

労務費や経費の圧迫で次から次へと手抜き工事の指示をしたり、材料をすり替えるなど
なにがなんでも赤字を軽減しようとする心理状態を伺うことができます。

完成引き渡し時にお施主さんと『ケンカ別れした』という話し。
聞いたことはありませんか?
それはこんなケースが隠れているのでしょうね。。。

熟練技術者が平気でやっていた
筋交いの欠き込み

ケース2. 無知

いくら熟練技術者がそろっていると豪語しても、現在の法律は『昔ながら』の法律ではありません。

熟練技術者がいることはとても心強いのですが、在来木造住宅の場合は、継ぎ手、仕口に関する使用部位の金物の種類や耐震規定、雨水の浸入に関することなど、かなり改正されています。
現代になって分かってきたこと、震災を得て学んだことが建築基準法の改正となり、現在運用されています。
そういうことをすると違反若しくは後々不具合となるということが分からず、問いただすと全く無知であるといったケースがあります。
熟練技術者は年配であるが故、プライドが邪魔をして素直に聞き入れないというケースが多いです。また、アンカーボルトは埋まっていれば良いんじゃないの・・・? という感覚や筋交いがホールダウンにぶつかるから、欠き込むことは仕方がない等。。。

バブル期に『時間が無い』『面倒くさい』『金はあるが人出が無い』ということで
手抜き工事を見て育ってきた後継者達は
『それが普通の施工』と思い、今や熟練技術者として何気に働いています。


右上の写真は実際に熟練技術者がやっていた施行令違反

ケース3.下請けイジメ

何の工事でも元請けと下請け業者があります。

元請け業者とはお客さん(オーナーさん)と直接契約を結んだ業者の事を言います。
また下請け業者とは元請け業者から仕事を下で
受ける(下請負)ので下請けといいます。

大手ハウスメーカーなどは直接工事(施工)をしません。大概その地方の下請け業者が施工(作業)を行います。

下請け業者は元請け業者と下請負契約を締結する際に、初めから何割か安い金額で交渉・契約させられます。


これが予算(金銭)の下請けイジメです。
下請け業者は継続的に仕事案件の依頼話がある為、
これを断ることが出来ません。

つまりは元請け業者の為の利益を最初に予算から取られてしまいます。

住宅請負金額の30パーセントは最初から元請け業者にとられてしまい、残りの70パーセントで住宅が完成するといったケースもあるようです。

つまり各下請け業者は、少ない工事予算で完成させなくてはいけません。材料費は必ず出費としてかかりますので、早期に住宅を完成させることが、かかる大工労務費やかかる経費を最小で抑える最も有効な手段となります。


やる以上は利益を残さなければ・・・!!

完成を急ぎますので、多少の杜撰な施工や法令など気にしていません。

それが手抜き工事につながるケースとなります。

昨今、三井不動産マンションの杭打ち工事に関する偽装問題が発覚しました。
元請けは三井住友建設。下請け業者として杭打ち工事を行ったのは旭化成建材。

この事件の背景にも、このような下請けイジメがあったと思われます。

ケース4.人の気持ち〈心理〉

全てにおいて当てはまるような気がしますが、今これをご覧になっているあなたは『値切った』ことはありますか?
または対競争相手の見積書を住宅業者に見せて交渉したということはありませんか?

値切ることも競争させることも悪いとは言いませんが、
        良いこととも言えないでしょう。


例えばあなたが色々な経過を経て、ようやく住宅業者を決定。
新築を依頼したとします。

しかし、その住宅業者は徐々に変貌していく恐れがあります。
これは予算を競争させた場合、圧倒的に多い。

値切ることにおいて、その業者の許容範囲内であれば
『値切り交渉』はOKと思われますが、
それ以上になれば正当な住宅会社なら断られるでしょう。

悪徳業者は値切られた分を決して良しとは思ってはいません。
ケース1でもご紹介した通り、目視では確認出来ない部分、隠ぺいされる部分において手抜きの指示が出ます。

また建築士が予算組みをした場合ですが、建築士といえども実際にどれだけ手間や材料がかかるのか、また価格や施工相場をよく知らない設計士が多く存在します。
事実、1本○○万円する値段の集成材の構造梁を、1本○万円で予算組していたという事件が過去ありました。


このような事が住宅業者に発覚したら・・・
とても危険と思われます。

欠陥住宅プロファイル集

プロファイル1

プロファイル2

プロファイル3

プロファイル4

プロファイル5

プロファイル6

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
9時~18時
休業日
土・日・祝日

お客様の声

親身に話を聞いてくれた
仙台市 T.A.様

初めて米内様に検査をお願いしたとき、親身に聞いてくれたという印象を受けました。きちんと検査していただき、少しずつ改善に向けて動き出しました。本当にありがとうございました!!

大変丁寧な対応でした
福島市 H.W.様

大変丁寧な対応をしていただきました。最終報告書も大変詳細に写真付きでいただきまして、頼んだ甲斐があったと思いました。本当にありがとうございました。