新築一戸建て・建売・中古・マンションなど仙台を中心に青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島の住宅診断・住宅第三者検査を行う一級建築士事務所

欠陥住宅東北ネット所属

022-781-8757
受付時間
9時~18時 お気軽にお問合わせ下さい

欠陥住宅事例集3

あなたの目線で検査をするプロが必要です!

下記の写真は当社が実際に検査をした現場の欠陥部分です。
(ご注意:欠陥という言葉の定義は難しく小さな瑕疵も含まれます)
これはほんの一部ですが、いろいろあります。検査の必要性を感じて下さい。

№201

一体何の光景だと思いますか?この建物は完成後間もない建物です。

№202

雨水浸入の為のブルーシート。
施工は某大手ハウスメーカー。

№203

サイディングにクラック確認。
恐らく建築施工中に出来たもの。

№204

雨水の浸入。木材にシミを確認。
木材を受ける金具が錆びている。

№205

天井点検口を開けた状態。
黒いものは全て
カビ。

№206

雨水浸入の為、天井裏にて
カビが大量発生。知らずに生活し続けると健康被害をもたらす。

№207

ペアガラスの欠陥。
内部で結露と
カビのような
異物が発生している。

№208

ペアガラス内部の異物。
塩粒の結晶のようにも見える。

№209

ものすごく雑な断熱材の敷設。
天井断熱材の施工は呆れた状態。

№210

断熱材の施工不良は
熱ロスの原因です。

№211

天井断熱材はズサンに
敷き詰められている。

№212

床束の固定不備。他にも認められた為、手抜き工事の確信犯です。

№213

同№214。断熱材の脱落。
"寒いや冷たい"という事象の多くは、床下がこんな状況が多い。

№214

床下の断熱材はスカスカの状態。
これでホントに高断熱の家なのか?

№215

床下断熱材の欠損部確認。
高断熱の家とは熱ロスの家か?
高断熱を謳う住宅業者にご注意!

№216

給水管に保温カバーがない。冬季には凍結の可能性あり。断熱材の欠損部に何の施しもしていない。

№217

床束の固定なし。
あきらかに手抜き工事。

№218

排水配管の逆勾配。ありえない
ような本当にあったズサン施工。

№219

トイレ汚水配管の漏水。第三者
検査で発覚しなければ、入居後
床下は汚水だらけだった。

№220

気流止めの設置なし。現場監督は「施工してる」とウソをついた。契約不履行の詐欺です。

№221

筋交いの断面欠損。地震時、ここに応力が集中、筋交いは折れる。

№222

雨樋支持金具。
シーリングを貫通。

№223

同№222

№224

床下断熱材はえぐられている。
熱ロスの原因。

№225

床下の設備配管。
何がどうなのか分かりますか?

№226

床下は計画通りだが、床束の配置ピッチが奥行き方向で2mと遠い。床がたわむ可能性あり。

№227

基礎パッキンが外れる。
固定する必要あり。

№228

アンカー部に基礎パッキン無し。

№229

基礎パッキンの杜撰施工。
外れます。

№230

床下地合板のサネが正しく施工
されていない。スキマのまま。

№231

床下地合板のスキマ。

№232

典型的な手抜き工事。
支えているのは塩ビパイプ。

№233

同№232

№234

基礎通り芯の施工ミス。
土台はアンカーボルトに緊結されていない。

№235

無理やり折り曲げられたアンカーボルト。写真右側には無造作に
切断された土台が残されていた。

№236

土間コンクリートにクラック。
クラックの幅は大きい。

№237

クラック幅は約3㎜。
原因は施主さんが撮影
していた
写真を手かがりに判明しました。

№238

ネオマフォーム断熱材の汚れ。
断熱性能には変わりはないが、
品質の管理は悪い。

№239

鋼製の床束群。受けの部分が
千鳥配置になっていない。

№240

土台と大引きが交錯する部分には人通口を計画してはいけない。

№241

同№240。基礎施工計画ミス。

№242

温度の低い壁を赤外線カメラが映し出す。AとBは同じ壁です。

№243

同№242。AとBは同じ壁。
断熱材不備の可能性が高い。

№244

中央付近の熱源は受信機。
周辺の温度が
低い。断熱材が
えぐられている可能性あり。

№245

断熱材不備により冷気が浸入
している隅角部。

№246

木材仕口の杜撰施工。腰掛けアリを誤って加工した模様。この木部の強度低下は必須です。

№247

同№246。木材仕口の欠陥。
この木部は外力が作用すれば
折れる。

№248

化粧梁は金物補強がなされていない。建基法施行令47条違反。
地震時、梁が外れて落ちる。

№249

雨漏りの為、天井点検口を作ったという。雨漏りは現在も進行中。

№250

野地板に雨漏りのシミ確認。このまま放置すれば板は腐ります。

№251

母屋に雨漏りの痕跡あり。
雨漏りは欠陥です。

№252

天井裏には金タライが置かれ、
新聞紙やバスタオルが一面に
敷かれている。

№253

敷き詰められた新聞紙とタオル。
天井断熱材は断熱効率低下確実。

№254

たらいにタップリ溜まった雨水。業者はなんの連絡もないという。

№255

天井裏を撮影。尋常でない光景。
この業者は青森県弘前市。この
ままだとカビが繁殖する危険大。

№256

切り裂かれた床下断熱材。
今にも落ちそうである。

№257

残された型枠。基礎には型枠がそのまま捨て置き。新潟県上越市。

№258

床下の残されたゴミ。

№259

天井廻り縁が膨らんでいる。

№260

ゆがんでいる床巾木が
分かりますか?

№261

水道の元栓がハッチ中心よりズレている。これらはリフォームの
トラブルですが、悪徳業者のウラには悪徳一級設計事務所
(青森県
八戸市)
の存在があった。

№262

小便器のストールが設置されていない。フロアハッチも適切な位置ではない。

№263

同№262。小便器ストールが無いのが分かる。これでも業者は完成したのだと言う。

№264

行き先不明の電気配線。
絶縁テープのまま床下に放置。

№265

給湯機の本体が無い。壁から配管が突き出たまま。業者は99%
工事は完成したのだと言い張る。

№266

ユニットバスの操作パネルもついていないのに完成の張り紙。

№267

№266のような状態なのにユニットバスメーカーは完成検査終了と張り紙。非常に無神経である。

№268

押し込まれた壁断熱材。
押し込みは×。
意味無し。

№269

断熱材の意味がありません。

№270

ユニットバスの天井裏。法22条地域にもかかわらず、石膏ボードの張り上げ施工げが無い。これに
対し必要無しと業者側は反論。

№271

同№270。調停委員である建築士は、最後には非を認めたが、この違反について終始、業者の味方をしていた。八戸市の調停委員。

№272

直角ではない壁の隅。矢印部分にはスキマがある。直角であれば
スキマは出来ない。

№273

陥没した土。埋め戻しの際に
転圧作業を怠ったもの。

№274

排気筒が灯油タンクに近接。
排気筒とタンクは一定の距離
を確保しなくてはいけない。

№275

床の見切材無し。クッションフロアとフローリングのジョイント部分はお粗末な状態。

№276

外壁防水シートの杜撰施工。
外部からの湿気が入ってきます。

№277

室内ドアの傾斜。測定では傾斜角度89.2度。1mにつき14㎜の傾き。建付けは合うはずが無い。

№278

排水ホースの未接続。
防臭キャップすら無い。

№279

壁のクロスも収納建具も取り付いていないこの状態で99%完成したのだという。八戸市の悪徳業者。

№280

見積では通気水切りで計上されているが、現場はただのトタンの
水切り。

№281

床下に放置されたままの
意味不明な差し込みコンセント。

№282

テストハンマー打診検査により、円内の玄関タイルが浮いている
ことを確認。

№283

外壁サイディングに釘止めが所々なされていない。この物件は
金具留めの工法ではない。

№284

雨樋支持金具がコ―キング貫通。
雨水浸入の恐れあり。

№285

№284同様。
コ―キング貫通。

№286

写真では分かりにくいが、クッションフロアの壁際でのシワ。
施工不良。

№287

洗面化粧台の下台内部。
ビスで固定されていない。

№288

ドア枠材の表面が剥がれている。

№289

ドア枠のスキマ。

№290

完成検査にてロール網戸の不備
を確認。
網戸が斜めに下がる。

№291

張紙で隠されていたキッチン天板の凹み。気付かずに入居すれば、必ず入居者のせいにされます。

№292

窓サッシレバーハンドルのガタ付きあり。完成検査では開閉の具合など全てを検査します。

№293

室内建具の建付け不備。
スキマが開いている。

№294

リビングサッシ。矢印が示す上下のサッシの変異が分かりますか?
サッシ中央がたるんでいます。
この場合、サッシのスキマが多くなり蚊などの害虫や砂埃などが
浸入しやすくなります。

№295

同№294。
デジタル水平器にて測定。

サッシ中央部へ向けて1mあたり
6㎜
たわんでいることが判明。

№296

収納内部のクロスの剥がれ。湿気が多くなると、次々剥がれます。

№297

バリアフリーのはずが中央部で
約7㎜床が沈んでいる。床組中央部が凹んでいるという証拠。

№298

天井断熱材が盛り上がっている。
丁寧な敷き込みが必要です。

№299

赤外線はこのような断熱材の不備部分をハッキリと映し出します。

№300

天井断熱材が盛り上がっている。電気配線が原因だが、熱ロスの
原因である。

その他 欠陥住宅プロファイル集

欠陥事例7

詳細はこちらへ

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
9時~18時
休業日
土・日・祝日

お客様の声

親身に話を聞いてくれた
仙台市 T.A.様

初めて米内様に検査をお願いしたとき、親身に聞いてくれたという印象を受けました。きちんと検査していただき、少しずつ改善に向けて動き出しました。本当にありがとうございました!!

大変丁寧な対応でした
福島市 H.W.様

大変丁寧な対応をしていただきました。最終報告書も大変詳細に写真付きでいただきまして、頼んだ甲斐があったと思いました。本当にありがとうございました。