新築・建売・中古・マンションなど仙台を中心に青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉の住宅検査/欠陥住宅/住宅診断専門の一級建築士事務所

欠陥住宅東北ネット/マイベストプロ宮城登録

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

無責任なのは誰だ!?

兵庫県南部地震
(阪神大震災)
死者6434名

住宅の定義と欠陥住宅

平成7年1月17日午前5時46分未明に発生した兵庫県南部地方を襲った大地震は、あらゆる建物を破壊し多くの犠牲者を出しましたが、その犠牲者の88%は建物崩壊による圧死であることが調査の結果判明しました。

従来「たてもの」とは地震力などの外力が作用しても倒壊せず、崩壊せずに居住空間内の「人間の生命を守ること」が「たてもの」の定義とされています。

しかし残念ながら
その定義は守られませんでした。


その後の調査により驚愕の事実が判明。
それは倒壊、崩壊した建物の過半が手抜き工事の欠陥住宅であったことが判明したのです。

地震に抵抗する為の筋交いと呼ばれるものが1本も無い住宅や水平やねじれに抵抗する火打ち材と呼ばれる部材が無い住宅など...。

➡ 施主の理由と悪らつ工事人

住宅バブル期と呼ばれた時代に建設されたものや、建築基準法による新耐震基準が適用される前の時代に建設された建物が、倒壊、その建物の下敷きとなり尊い命が奪われました。

その為、建築基準法の改正、建築士資質の向上、新耐震基準などいろいろな項目が見直され、追加されたのですが『多少の地震が来てもダイジョブだろう』とでも思っているのか、今もなお建基法を違反するような欠陥工事は無くなりません。

柱脚の欠陥構造

増加する欠陥工事!

なぜ欠陥住宅という問題は無くならないのでしょうか?

年々この問題は増加の傾向にあります。➡トラブル増加中へ

公である市役所の検査官や住宅センターの検査官、金融公庫の検査官がキチンと検査しているはず...。

設計を担当した建築士が必ず見に行ってくれていて、悪い所があれば指摘しているはずだ!...など。

自分はそうはならないといった方々が、数多くいらっしゃるような気がします。


しかし残念ながら
 

公的検査機関や設計事務所はあなたの目線で検査はしていない。

ゆえに欠陥工事や手抜き工事の住宅トラブルが増加する一方なのです。

欠陥住宅が増加する3大要因とは!?

自分の身は自分で守りますか...?

果たして大丈夫でしょうか?
建築学は非常に多種多様であり複雑かつ高度で膨大な知識が必要とされます。

今、消費者の立場に立った第三者である民間の検査機関の存在はハウスメーカー、工務店の産業構造にとっては非常にウザい存在となっています。

民間の検査機関である当方には、東北各地のみならず関東や北陸、遠方では関西、中部地方や九州からも相談や苦情が寄せられています。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※お電話がつながらない場合は下記よりお問合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00