☆新築住宅(診断)検査/欠陥住宅調査☆仙台を中心に青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉 東京で実績☆住宅(第三者)検査専門一級事務所

欠陥住宅東北ネット所属

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

欠陥住宅トラブルが増加中!

新築欠陥住宅をはじめ、欠陥リフォーム工事や悪質リフォーム工事など、しょせん他人事だと思っていませんか?

2019年度の住宅トラブル相談の件数(2020年調べ)が過去最高の件数となりました。

北海道、岩手県、山形県、茨城県は前年度に比べ欠陥住宅相談の件数は減少しましたが、青森県では8.7%増、秋田県14.0%増、宮城県21.9%増、福島県で19.8%増加し、

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の4県平均で14.5%増加

新潟県は3.4%微増し、栃木県は欠陥相談の件数が前年度より26.2%増と大きく増加しています。

10年保証の検査や住宅センターなどで検査しているはずなのに、住宅トラブルはなぜ増加の一途をたどるのでしょうか?

 住宅トラブル相談件数は
年間
3万4,000件超!!

住宅相談統計年報2020より

新築住宅の欠陥相談や欠陥リフォーム工事に対する相談の件数は相対的に増加していることが分かりますか?

2018年度は全体で3万2,253件(2017年度と比較すると14.6%増)

2019年度全体ではさらに5.4%増加し、相談件数は3万4,002件となっている。

新築欠陥住宅のトラブル相談件数は22,054件で前年度比7.5%増

リフォームに関する相談件数は11,948件ですが、1.7%増加しています。

 

※新築もリフォームも『トラブルは増えている』ということを知って下さい。

住宅相談統計年報2020より

都道府県別の住宅トラブル相談件数
(2019年度)


住宅トラブル相談件数の割合は、人口の比率から大都市圏である東京都が群を抜いているのが分かります。

東京都に続き大阪府、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県などが上位を占めていますが、自分の県は『少ないな!?』と感じた人はいませんか?

そう思った人は人口比率を考えてみましょう。

相談の件数に対して、
分母の小さい(人口の少ない)県は、トラブル相談の割合が『都市圏よりも高くなる』場合があり
ますよね

つまり。
他人事と思っていたら『欠陥住宅トラブルに遭遇してしまった』なんてことになる可能性は十分にあり得るということです。

 

北海道922件

青森県162件、岩手県161件宮城県534件、秋田県106件

山形県88件、福島県296件新潟県401件、茨城県549件

栃木県409件、群馬県242件埼玉県1,841件、千葉県2,044件

東京都4,903件、神奈川県3,091件 以下省略

(住宅相談統計年報2020より)

 


あなたはどこのエリアに
お住まいですか?

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※お電話がつながらない場合は下記よりお問合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00

サイドメニュー