☆新築住宅(診断)検査/欠陥住宅調査☆仙台を中心に青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉 東京で実績☆住宅(第三者)検査専門一級事務所

欠陥住宅東北ネット所属

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

欠陥住宅トラブルが増加中!

新築欠陥住宅をはじめ、欠陥リフォームや悪質なリフォーム工事など、しょせん他人事だと思っていませんか?

欠陥住宅トラブルの相談件数は昨年(2019年度)過去最高を更新。

2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大で前年を下回ったものの、住宅トラブルに関する相談は2万9,000件を超える高い水準となっています

 コロナ禍の相談2万9,000件超! 

住宅相談統計年報2021より

2021年度調べにおいて新築住宅のトラブル相談件数は、新型コロナの流行に関わらず19,872件と過去3番目に多い相談件数となっています。

 

下図は住宅トラブルの相談件数を都道府県別表したデータです。

住宅相談統計年報2021より

住宅トラブル相談件数(都道府県別)

このデータは単なる相談件数だけではなく、都市圏を除く各都道府県においてはその大半が新築住宅に関するトラブル相談であることが分かります。

北海道762件

青森県143件、岩手県166件宮城県445件、秋田県109件

山形県96件、福島県246件新潟県325件、茨城県510件

栃木県352件、群馬県258件埼玉県1,614件、千葉県1,805件

東京都4,349件、神奈川県2,662件 (以下省略します)

なぜ新築住宅のトラブル相談が多いのでしょうか。

新築住宅は検査する人が見てるんじゃないの?』

その検査員を信じている人は
☟その真実を知って
ほしい。

東京都の相談件数は毎年突出していますが、大阪府、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県なども例年上位を占めています。

さて。自分の県は『少ない!?』と感じた人はいませんか?


そう思った人は人口比率考えてみて下さい。

相談の件数に対して、
分母の小さい(人口の少ない)県は、トラブル相談の割合が『都市圏よりも高くなる』場合があり
ます

つまり。
他人事と思っていたら『欠陥住宅トラブルに遭遇してしまった』なんてことになる可能性は十分にあり得るということです。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※不在が多いです。お電話がつながらない場合はメールでのお問合わせがスムーズです。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00

※サイト掲載内容は予告なく変更することがございますので、悪しからずご了承下さい。

サイドメニュー