☆新築住宅(診断)検査/欠陥住宅調査☆仙台を中心に青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉 東京で実績多数☆インスペクション専門事務所

欠陥住宅東北ネット所属

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

欠陥住宅トラブルが増加中!

新築欠陥住宅をはじめ、欠陥リフォーム工事や悪質リフォーム工事など、しょせん他人事だと思っていませんか?

2019年度の住宅トラブル相談の件数(2020年調べ)が過去最高の件数となりました。

北海道、岩手県、山形県、茨城県は前年度に比べ欠陥住宅相談の件数は減少しましたが、青森県では8.7%増、秋田県14.0%増、宮城県21.9%増、福島県で19.8%増加し、

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の4県平均で14.5%増加

新潟県は3.4%微増し、栃木県は欠陥相談の件数が前年度より26.2%増と大きく増加しています。

10年保証の検査や住宅センターなどで検査しているはずなのに、住宅トラブルはなぜ増加の一途をたどるのでしょうか?

 住宅トラブル相談件数は
年間
3万4,000件超!!

住宅相談統計年報2020より

新築住宅の欠陥相談や欠陥リフォーム工事に対する相談の件数は相対的に増加していることが分かりますか?

2018年度は全体で3万2,253件(2017年度と比較すると14.6%増)

2019年度全体ではさらに5.4%増加し、相談件数は3万4,002件となっている。

新築欠陥住宅のトラブル相談件数は22,054件で前年度比7.5%増

リフォームに関する相談件数は11,948件ですが、1.7%増加しています。

 

※新築もリフォームも『トラブルは増えている』ということを知って下さい。

住宅相談統計年報2020より

都道府県別の住宅トラブル相談件数
(2019年度)


住宅トラブル相談件数の割合は、人口の比率から大都市圏である東京都が群を抜いているのが分かります。

東京都に続き大阪府、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県などが上位を占めていますが、自分の県は『少ないな!?』と感じた人はいませんか?

そう思った人は人口比率を考えてみましょう。

相談の件数に対して、
分母の小さい(人口の少ない)県は、トラブル相談の割合が『都市圏よりも高くなる』場合があり
ますよね

つまり。
他人事と思っていたら『欠陥住宅トラブルに遭遇してしまった』なんてことになる可能性は十分にあり得るということです。

 

北海道922件

青森県162件、岩手県161件宮城県534件、秋田県106件

山形県88件、福島県296件新潟県401件、茨城県549件

栃木県409件、群馬県242件埼玉県1,841件、千葉県2,044件

東京都4,903件、神奈川県3,091件 以下省略

(住宅相談統計年報2020より)

 


あなたはどこのエリアに
お住まいですか?

ハウス業者の言う検査は信じるな!

その検査! ハウス業者がお客様!

平成12年。
ハウスメーカー(売主)はあなたのマイホームを『10年間保証しなければならない』という法律(品確法)が施行され、建物に保険(10年間保証)を掛けることになり、基礎の配筋時と上棟後に保険会社による『瑕疵保険の検査』を受けなければならないことになりました。
(※保険会社の検査を受けないハウスメーカーもあり)

しかし。

10年保証の検査を合格しているはずなのに、欠陥工事やズサン工事が後を絶ちません。

それはなぜでしょう?

その検査はハウスメーカーに対して
『ゆるく甘い検査をしているから』です。

『なぜ甘い検査になるのか?
分かりますか?

確認検査機関も瑕疵保証会社も
ハウスメーカーがお客さんだからです。

確認検査機関や住宅保証検査機関は、住宅関連会社の資本が入っていることが多いのです。


ハウス業者が言う『検査員』は
絶対に信用できません。


【新築検査での過去事例談】
当方が行う新築住宅(第三者)検査の過去話ですが、検査当日『ハウス業者のいう検査員』とバッティングし、同時に新築工事中の検査を開始した時の話。

一昨日に大雨があり、養生を怠ったせいで床下地の合板がズブ濡れで真っ黒な状態でした。

ところが、
その検査員はズブ濡れになっている床合板に対して、話をすることなく検査を終了。

当方は『床合板の含水率が高いのでは?』とこれを指摘し、お客様へ報告。
その検査後ハウス業者と揉めたことがありました。
 

しかし一体、何のために?
検査をしているのでしょうか?

 

『正義心があり、的確な検査』が行われているのであれば、

住宅トラブルの相談件数はもっと少なくなることでしょう。

住宅保証制度の実像とは...!

 

欠陥があれば法律に守られるはず...。

裁判すれば普通、絶対に勝つだろ!

勝てば何もかも全額負担してもらえるはず...!

損害賠償もプラスして、新しい家に建て替えたらいいでしょ...!

そう思われているあなた
右上の動画をクリックしてみて下さい。

裁判大国アメリカに追従し日本も裁判の多い国ですが、他人事と思っていた住宅トラブルに巻き込まれたら...。

■ あなたには全く負担はないと思いますか?

全額保証してもらえると思っていますか?

さらに...
あなたが思っているその欠陥は
保険の対象とされず』消費者センターや市役所などの関係機関に相談しても『たらい回し』にされるケースが多いのです。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※お電話がつながらない場合は下記よりお問合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00

サイドメニュー