☆新築住宅(診断)検査/欠陥住宅調査☆仙台を中心に青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉 東京で実績☆住宅(第三者)検査専門一級事務所

欠陥住宅東北ネット所属

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい
【From新潟県】

新築欠陥住宅の真実!

第三者検査が新築住宅のウソを暴いた事例

新潟県新発田市にある引渡し3年目の新築住宅。

新築のはずが、住み始めて最初に雨漏りが始まります。

住宅検査を依頼した訳

施主撮影

カップに溜まった雨漏れ水の写真

また強い風が吹くと家が揺れる

冬が来ると家の中がとても寒い

不安に思った家主は、第三者に住宅(診断)検査を依頼することを決意します。

診断(検査)スタート

雨漏りを確認

検査当日は12月でも雪混じりの小雨がパラつく天候でした。

住宅外部からの検査で始まりましたが、建物の中に入り検査を開始。

写真で撮影された『カップに溜まった雨水』を撮影した窓サッシを確認すると、すでに雨水が滴り落ちているのを発見します。

天井裏の調査で検査員が見たもの

天井裏で撮影

防水シートを流れ落ちる雨水

2階の天井裏(小屋裏)へ侵入して検査をすると、外壁上方から雨水が滴り落ちているところをダイレクトに確認。

写真の白いシートは外壁下地の透湿防水シートですが、雨水は防水シートの内側を滴り落ちています。

透湿防水シートの施工が欠陥工事でなければ、雨水は防水シートの外側を伝い流下しますので、内側を伝うことはありません。

透湿防水シートは『2次防水』と呼ばれ、雨水侵入を防止するための最後の砦

天井裏で撮影

黒ずむ漏水痕

防水シートを伝って流れ落ちる雨水が分かりますか?

流下した雨水は建物躯体の木材に到達。

木材は雨水の漏水により既に黒ずんでいる所もあります。

この状態では腐朽菌が繁殖して、木材が腐る原因となり、建物の寿命を短命とする原因になります。

外部防水シートの欠陥工事

天井裏で撮影

滴り落ちる雨水【近接撮影】

滴る雨水を近接撮影。

しずくは『茶色』をしています。

これは木材や合板などの色を吸収して滴っているもの。

施主が撮影していた『カップに溜まった雨漏り』の色と同色です。

これも雨水が2次防水を通過してしまっている証拠であり、外部防水下地工事に欠陥があることが分かります。

断熱材に入り込む雨水

天井裏で撮影

雨水により浸食された壁断熱材

この写真は雨水が壁断熱材に入り込み、蒸発を繰り返し、断熱材の中で水滴となっている写真。

断熱材のグラスウールはグタグタの状態。

こうなってしまっては壁断熱材の断熱効果が半減することになります。

床下の侵入調査で見たもの

床下で撮影した写真

床下にまで到達する雨水

この写真は床下に侵入して撮影した写真。

雨水は壁中を通り、2階と1階の壁断熱材を侵食しながら流下し、ついには基礎へ到達。

壁の中に隠れている柱、間柱、土台などの木材を濡らしながら基礎まで到達している写真です。

基礎は濡れても乾燥すれば、ほぼ問題はないのですが、欠陥工事による雨漏れは建物を腐朽させ、寿命を削ることは確実です。

その他に発覚した新築の欠陥工事

この住宅の相談内容で『風が吹くと揺れる』という事象は構造図面を解析して原因を解明しましたが、住宅診断検査を行うにつれ、その他いろんな欠陥工事が見つかったのです。

ご覧になりたい方は下記のバナーから。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※不在が多いです。お電話がつながらない場合はメールでのお問合わせがスムーズです。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00

サイドメニュー