新築・建売・中古・マンションなど仙台を中心に青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉の住宅検査/欠陥住宅/住宅診断専門の一級建築士事務所

欠陥住宅東北ネット/マイベストプロ宮城登録

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

『問題無し』にされる欠陥住宅!

下写真は当社に依頼された某県にある調停中の欠陥住宅写真。

以前、当社で電話無料相談を受けた方ですが、予算の都合で料金の安い検査機関へ欠陥調査を依頼したといいます。

調査時、3名程度の建築士が調査をしたらしいのですが、後日送られてきた報告書の調査結果では『特に異常なし』と結論付けられていたそうです。

この方は途方に暮れ、最後の望みとして当方へ調査を依頼されたらしいです。

下の欠陥写真はごく一部ですが、当方数々の欠陥やズサンな工事の内容を指摘しました。

住宅の傾きでゆがむクロス

床が許容限度をはるかに超えて
傾いている

床の傾きにより室内建具に
スキマが発生

当方は調査後、分厚いページ数におよぶ調査報告書を調停に提出。

圧倒的に不利だった状況は一変し、形勢は逆転。

 

ちなみに本物件の調査に際して、他機関の調査報告書を拝見させて頂きました。

調査時の写真入り報告書でしたが、表紙を含めA4で10枚程度

これでは裁判官に納得してもらうどころか、担当の弁護士も拍子抜けしたことでしょう

建物のゆがみによる
クロスのヒビ割れ

基礎のクラックを隠したもの。
この基礎工事欠陥も調査される事はなかった

住宅の木材に"木杭"が使われていたが、これも調査報告にはない

欠陥住宅はなぜ『問題無し』
されてしまったのか?

当社やカノムグループ以外の『欠陥調査に派遣される建築士』は建築士事務所に所属する建築士従業員か、単独で設計事務所を運営している建築士が大半で『外注委託された検査員』が大半です。


欠陥住宅と戦う建築士は『強い正義心がある』ことが必須です。

しかし。
この外注委託された建築士は住宅の『欠陥を指摘したキーマン』になりたくない為『真実』は闇の中に葬られてしまったので
す。


住宅メーカーが依頼した第三者の検査は信用してはいけません。
なぜならば『この第三者は住宅メーカーがお客さんだから』です。
大半は住宅メーカーから『外注図面書き』を依頼されたり、申請などの仕事を受注している設計事務所や建築士が多く、

住宅メーカーと仕事の上で
全てつながっています。

➡ 詳しくは
『設計事務所の実態』へ

 

利益関係があるがゆえに...

1.住宅メーカーを容認するような意見書となり、業者寄りの見解となる。

2.住宅メーカーが不利となるような文章が記載されることは無い。

 

 [ 結 論 ] 
 あなたの調査報告書には
『真実が書かれることはない』

 

つまり。

そんな欠陥調査は全く意味がありません。
 

つながりがあった為なのか、住宅メーカーの名前を伝えたところ、その調査会社から断られ「I.B.Lホームズを紹介してもらった」というお客様もいらっしゃいました。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※お電話がつながらない場合は下記よりお問合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00