新築・建売・中古・マンションなど仙台を中心に青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉の住宅検査/欠陥住宅/住宅診断専門の一級建築士事務所

欠陥住宅東北ネット/マイベストプロ宮城登録

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

結露と住宅

冬場に多いことですが、窓廻りなどでよく水滴を見かる時があります。

その水滴によって窓廻りが湿ってしまい、カーテンや窓枠、床にカビが発生。。。

この水滴はご存じの通り『結露』と言いますが、結露の水分の正体は一体何なのでしょうか?

結露水の正体

結論から言いますと、結露水の水分は『空気中に含まれていた水蒸気分』です。

この水蒸気は『気体』であり、目には見えません。この気体が温度差によって液体に変わる現象。

これが結露現象なのです。

夏場、冷えた缶ジュースを冷蔵庫から取り出してテーブルの上にしばらく置いておくと、缶ジュースの表面に汗をかいたように水滴が付いていませんか?

この水滴は缶ジュース内部からにじみ出たものではありません。空気中に含まれている水蒸気分が温度の低い缶ジュースの表面に触れたことにより『水滴へと変わった』ものなのです。

空気の基礎知識

結露は空気相互間の『温度差』の関係性が100%。

暖かい空気は水蒸気を多く含むことが出来ますが、冷却されていくと、徐々に水蒸気分を含むことが出来なくなってしまいます。

温度によってその限界は異なりますが、温度が低下するにつれて、水蒸気を含むことの出来る量が低下します。

壁を透過!? 水蒸気ゴースト!

どんどん壁中へ...

空気中に含まれる水蒸気分はありとあらゆる建築材料を『すり抜けてしまうことが可能』ということをご存じでしょうか?

この『すり抜ける』ことを『透過』といいますが、空気中の水蒸気分は壁や床、天井に使われる合板や石膏ボードをはじめ、木材などの身近な建築材料を見事に透過してしまうのです。

南雄三氏著『断熱・気密のすべて』に記載されているものですが、カナダの住宅での実験において1㎡の石膏ボードに対して『1/3リットルの水蒸気が透過』し、2センチ×2センチの穴をあけた実験では一冬に『30リットルもの水分が壁の中に侵入した』ということが記載されています。

テレビでよく見るゴーストに似ていますね。。。

壁天井を透過! 消えた水蒸気分はどこへ?

天井材や壁材、床材を透過した水蒸気分は、天井裏、壁中、床下へ侵入し滞留。

やがて温度差によって『水(液体)』に姿を変えます。

この空気中に含まれる水蒸気分が液体化するという結露現象は、物理的な現象である為『避けては通れない現象』であることは確かですが、私たちが居住する住宅にとっては良いことではありません。

以下は住宅診断で発覚した普段生活している時は気付くことのない結露による水分。

天井裏の結露

天井断熱材に落ちた結露水

壁中の結露

石膏ボードを流下した結露水

床下の結露

床下断熱材に付着した結露水

結露がもたらす悪影響

前述のとおり結露は『自然現象』なのですが、住宅とって悪影響を及ぼすことになります。

一昔前の住宅は『スキマ』が多く存在しており、知らない間に湿気は室外へ放出されていました。しかし現在の住宅は『気密性』が格段に向上しているため、水蒸気分は逃げ場を失っている状態となっています。

この気密性が結露を引き起こす要因の一つなのですが、結露が発生すると以下の2次的被害発生の可能性が高くなります。

  • 木造住宅は柱や土台など木材が腐る
  • RC造の場合、鉄筋が錆びて膨張しコンクリートが爆裂する
  • 鉄骨造は鉄が錆びて腐食する
  • 建物躯体の構造強度の低下
  • 建築資材の劣化が急速に早まる
  • 断熱材が湿気ると断熱性能が著しく低下
  • カビの繁殖

※つまり。良いことが1つもありません。

なぜか結露する住宅

新築なのになぜか結露を起こす住宅。

結露を起こす原因は、施工自体が問題である場合と生活している住まい方など要因は多岐に及びます。

施工の問題

  • そもそも気密施工がない
  • 防湿フィルムに連続性がない。
  • 防湿フィルム付き断熱材の施工に隙間がある。
  • 小屋裏換気量が足りていない
  • 小屋裏の換気を阻害する状態になっている。
  • 断熱材の施工が無い
  • 外壁通気工法となっていない。
  • 外壁通気が阻害されている状態。
  • 床下の通気が確保されていない。

居住環境

  • 『寒い』等の理由から24時間換気扇を停止させている。➡ 家が寒い理由へ
  • 換気扇フィルターの目詰まりによる換気効率の低下
  • 冬場加湿器を焚いている。
  • 室内で洗濯物を干している。
  • 開放型ストーブや置型ファンヒーターを利用している。
  • 植物などの飼育など

当然ですが炊事や洗濯、お風呂なども水蒸気分の発生と深くかかわっています。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※お電話がつながらない場合は下記よりお問合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00