新築・建売・中古・マンションなど仙台を中心に青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉の住宅検査/欠陥住宅/住宅診断専門の一級建築士事務所

欠陥住宅東北ネット/マイベストプロ宮城登録

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

欠陥住宅事例集11

あなたのその悩みをご相談下さい。

青森県五所川原市の住宅検査で新築住宅の雨漏り事故を診断。

岩手県奥州市の増築リフォーム工事では古材を利用した悪質リフォーム工事が発覚!
ズサンな工事で天井裏では野ネズミが繁殖していました。

新潟県新潟市でもズサンなリフォーム工事の無責任施工が発覚しています。

このページでは最新の欠陥事例を公開しています。

 

☆クリックでジャンプします。

規定を守らない新築住宅は短命住宅となります〈青森県五所川原市〉

悪質リフォーム工事で健康被害に!〈岩手県奥州市〉

欠陥リフォーム工事!床フロアーがデコボコに!〈新潟県新潟市

基礎から水が湧き出す欠陥!〈岩手県奥州

大手ハウスメーカーだから? 任せても大丈夫?!〈宮城県登米

基礎工事の欠陥!アンカーボルト無し!他〈仙台市宮城野区 NEW!

№601
青森県五所川原市

青森県五所川原市の住宅欠陥事例(№609まで)
壁中のアンカーボルトは既に錆びている。土台も腐朽菌の繁殖により腐り始めている。

№602
青森県五所川原市

防水規定が守られておらず、雨漏りが発生。12㎝以上必要。

№603
青森県五所川原市

通気の網部分を潰している為、壁体内が通気不良になり、いたる所で結露が発生。

№604
青森県五所川原市

雨漏りは壁中を伝って床下の基礎まで滴り落ちている。床下は湿気でカビが繁殖。

№605
青森県五所川原市

住宅の至るところで雨漏りが発生。設計に問題あり。

№606
青森県五所川原市

雨漏りを起こす新築住宅。
原因は防水規定の違反だが、業者は非を認めない。

№607
青森県五所川原市

壁際から冷気の侵入。赤外線で見ると『家が寒い』という理由が一目で分かる。

№608
青森県五所川原市

赤いものは天井断熱材。もはや断熱材の意味が無い為、小屋裏空間で結露が発生していました。

№609
青森県五所川原市

壁断熱材がありません。この建物は延床420㎡と大きい住宅ですが、建物が大きくなると欠陥施工の割合が圧倒的に高まります。

№610
岩手県奥州市

ズサンなリフォーム工事により、住宅内部に野ネズミが侵入。天井裏はネズミの糞だらけ。施主はこれにより健康を害していた。岩手県奥州市の住宅(№612まで)

№611
岩手県奥州市

リフォームからまもなく雨漏りが発生。屋根野地板は真っ黒に変色し、カビが繁殖している。

№612
岩手県奥州市

新材ではなく、撤去されたはずの柱材が使われている悪質リフォーム工事。

№613
新潟県新潟市

外壁リフォーム工事。通気層を密閉した為にサイディングが波打つように変形してしまった欠陥リフォーム。新潟県新潟市の事例(№618まで)

№614
新潟県新潟市

通気口が塞がれている写真。外壁通気の役割を知らない無知なリフォームが多い。

№615
新潟県新潟市

通気が確保出来ていない為、リフォームしたはずの庇軒天井の塗装が早期に劣化している写真。

№616
新潟県新潟市

床フロアーの膨れ。周辺のフロアー目地にも凹凸が発生。床暖房配管を損傷させたズサンな床のリフォーム工事が原因。

№617
新潟県新潟市

雨樋に雨水が溜まったまま。原因は屋根リフォーム工事によるもの。軒先が水平になっておらず、雨樋が自然と逆勾配になってしまった欠陥施工。ボウフラが発生。

№618
新潟県新潟市

ドアストッパーの位置に注目。極端に玄関ドアに近い。この為、玄関ドアが凹んでしまったという無知な施工。

№619
岩手県奥州市

基礎から湧き出す水。基礎断熱材不備により内部で結露が発生したもの。(№621まで岩手県奥州市)

№620
岩手県奥州市

洗面脱衣室の床下で撮影。床下断熱材の欠損。欠損は大きくスキマ風侵入の原因部位となる。お風呂から上がると寒いと感じるもの。

№621
岩手県奥州市

基礎アンカーボルトの部分に基礎パッキンが無い。アンカーボルトの部分には必ず必要です。

№622
宮城県登米市

大手ハウスメーカーの新築現場。基礎配筋検査の写真。矢印は型枠間隔を保持するためのスペーサーと呼ばれるものですが、水平に取付されています...。これは×です。(宮城県登米市№626まで)

№623
宮城県登米市

配管部分に干渉する部分の鉄筋を切断しています。補強筋も見当たらず、補強するつもりもないようなので...アウト!

№624
宮城県登米市

同上、別位置撮影。ほか複数の箇所で確認された為、現場監督は何も知識がないよう様子。欠陥が隠ぺいされる前に阻止したもの。

№625
宮城県登米市

筋交いを撮影した写真。円内は『死節』と呼ばれるもの。使用してはならない木材が使われていました。

№626
宮城県登米市

壁コンセントに干渉する洗面化粧台の下部引棚。大手なのに細部まで計算されていない。完成検査時に発覚したもの。

№627
仙台市宮城野区

基礎アンカーボルトの不備。配置ピッチ2.7mを超えている写真。施主様が不安になって工事途中から新築インスペクションを依頼し発覚したもの。

№628
仙台市宮城野区

アンカーボルトが無い。円内は土台の継ぎ手位置になるあたり。

№629
仙台市宮城野区

こちらは耐力壁の位置にアンカーボルトが無い写真。赤円内のどちらかに必要。地震時に土台が浮き上がる。

№630
仙台市宮城野区

基礎端部にアンカーボルトが無い。当然、建築士の設計ですが無責任で無知な建築士は多いです。

№631
仙台市宮城野区

外部防水シートの施工状況。カッターで切り裂かれたままとなっています。雨漏りの原因ではこのような欠陥が隠されています。

№632
仙台市宮城野区

同№631。この状態で当方の検査を受けるという心境が分からない。バカにしているとしか言いようがありません。

№633
仙台市宮城野区

建物のいたる所でこの状態。ハウスメーカーの担当建築士は顔合わせ以外は一切検査に立ち会いませんでした。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※お電話がつながらない場合は下記よりお問合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00