欠陥住宅事例集12

宮城県!栃木県!岩手県の欠陥工事!

このページは
大手ハウスメーカー施工による築1年の新築欠陥住宅(仙台市)をご紹介。
ほか栃木県宇都宮市、新潟県長岡市の欠陥工事(最新事例)を公開します。


■宮城県仙台市(某大手ハウスメーカーの欠陥工事の事例)

■栃木県宇都宮市(新築第三者の検査で欠陥工事を阻止した事例)

■岩手県奥州市(外張り断熱の欠陥工事事例)

■青森県弘前市(基礎のヒビ割れ事例)

■福島県南相馬市(新築住宅の壁傾斜の事例)

■新潟県長岡市(透湿防水シート欠陥工事の事例)


☆クリックでジャンプします。

№.661~
№667~
№685~
№700~
基礎のヒビ割れ事例
〈青森県弘前市〉
№703~
新築住宅の壁傾斜の事例
〈福島県南相馬市〉
№706~
№661
宮城県仙台市

宮城県仙台市の新築住宅。
施主が業者に内壁を剝させた時に撮影した欠陥工事の写真。
円内は筋交い金物だがビスが規定本数に達していないものです。

№662
宮城県仙台市

筋交い金物を撮影した別写真。
矢印部にビスが無い。
柱側のビス留めは全数必要です。

№663
宮城県仙台市

写真はホールダウン。
ナットが締め付けられてないのが分かりますか?
震災時は福島県福島市安齋さんの新築住宅と同じような震度5弱で倒壊するでしょう。

№664
宮城県仙台市

ホールダウン金物は複数の箇所で欠陥工事となっている。
施工したのはテレビでよく見る大手ハウスメーカー
こんな欠陥住宅に何千万円も支払いたくない欠陥工事の事例。

№665
宮城県仙台市

この建物は省令準耐火仕様。
写真はユニットバスの天井裏を検査した時のものだが、ビス留めは省令準耐火基準を満たしていない欠陥工事。

№666
宮城県仙台市

写真は屋外にある配管内部を検査した時の写真。
白く塗り潰した部分は家庭用雑排水や汚物が下水道へ流れずに溜まっていたもの。
配管勾配が確保されていない欠陥工事の事例です。

№667
栃木県宇都宮市

栃木県宇都宮市での新築住宅(第三者)検査。施工は№661~と同じハウスメーカーの別営業所。
円内は基礎配筋が繋がっていないもの。

№668
栃木県宇都宮市

矢印が示すのは柱の立つ位置。アンカーボルトの配置ミスを指摘した欠陥事例。
第三者検査がなければ知らぬフリで切断された。

№669
栃木県宇都宮市

1階床組検査時の写真。
大引きに釘止めが無い。
他にも多数確認されたが、床下地合板を敷かれてしまえば最早確認はできません。

№670
栃木県宇都宮市

これは地震に対抗する面材耐力壁の施工状況を撮影したものですが、円内には釘止めが無い為、計算通りの耐震等級3にはならない。

№671
栃木県宇都宮市

同上。別位置の釘止め無し写真。ヒューマンエラーはつきものですが、工事中に防止するのが第三者検査の重要な役割です。

№672
栃木県宇都宮市

筋交い交差部に釘止め無し。
N75釘2本止めとする事になっています。

№673
栃木県宇都宮市

筋交い材に不適切な欠陥材料を使用している事例写真。
死節が抜けたもので地震時に応力が集中。ここから折れます。

№674
栃木県宇都宮市

同上。死節、腐れ『アテ木』と言われる最悪な欠陥材料。
もはや腐っているものが平気で使われている欠陥工事だ。
大工も分かっていたらしいが支給材料の為、そのまま使ったらしい。

№675
栃木県宇都宮市

同上。複数個所で不適切な筋交いの欠陥材料が使われている事を確認。
是正指示とし全交換させましたが、壁中に埋まってしまうと確認はできません。

№676
栃木県宇都宮市

ホールダウンのナットが締め付けされていない写真。
宮城県仙台市の新築住宅と同じような施工状況。

№677
栃木県宇都宮市

円内は緊結ボルトのナットが締まっていない写真。
複数の箇所で見つかったが、ネジ山2~3山以上の突出が必要です。

№678
栃木県宇都宮市

火打ち金物のビス留め不備。
指摘がなければ、このままかもしれない。

№679
栃木県宇都宮市

石膏ボードのビスピッチを検査した写真。ビスピッチは30㎝。
この建物は省令準耐火構造の仕様なので15㎝ピッチとしなければならない。

№680
栃木県宇都宮市

ライン上には全くビスが打たれておらず意図的なものを感じる。
これはヒューマンエラーなどではなく欠陥工事です。

№681
栃木県宇都宮市

ドア枠材に凹みキズあり。養生もせず、かなり雑な造作大工。
全て是正指示となりました。

№682
栃木県宇都宮市

完成検査時に撮影した写真。
配管が床を貫通する部分にスキマ処理が無いもの。
ここから外気も害虫簡単に侵入してしまいます。

№683
栃木県宇都宮市

洗面化粧台の引出し扉がU.Bドア枠にぶつかるという施工不良。
施工図面を作成していれば、このような事は回避できるのだが。

№684
栃木県宇都宮市

バルコニーサッシ下端にシーリングの防水処理がされていない写真。ビスにも必要です。

№685
岩手県奥州市

岩手県奥州市で雨漏りの調査依頼があり、壁体内結露の疑いの為、『外張り断熱工法』の外壁を撤去した時の写真です。
 

№686
岩手県奥州市

外張り断熱のスタイロフォームに
水分が流下した痕跡あり。
この時点では雨漏りの可能性も50%でしたが。

№687
岩手県奥州市

雨漏りがする1階の直上(2階)の
室内壁を撤去した時の写真。
水色のものは外断熱のスタイロ。
黒いものは屋根防水シート立ち上げ部分です。

№688
岩手県奥州市

円内、防水シートが突き破られているという『やってはならない』欠陥工事が発覚。

№689
岩手県奥州市

№688の近接写真。
矢印は屋根材のトタン(背面)。
これでは当然、雨も漏る。
しかし更なる欠陥工事が発覚。
外張り断熱工法は断熱材を連続させる為、屋根材は見えるはずがない

№690
岩手県奥州市

赤外線サーモグラフィーの映像。
この日は炎天下の夏日。屋根材が太陽熱で高温となっているが、冬場はこれが逆転します。

№691
岩手県奥州市

開口した部分を仮に復旧したが、欠陥工事はこの部分だけではなく、辺り一帯の欠陥工事となっている可能性が高いことが分かった。(次の映像)

№692
岩手県奥州市

№691の赤外線カメラ映像。
1か所だけでなく、横一列に熱影響を受けていることが分かる。
壁を全部剝すと欠陥工事だらけであろう推測が出来る。

№693
岩手県奥州市

天井トップライト部の
壁面を撤去した時の写真です。
開口した中を確認します。

№694
岩手県奥州市

開口した壁内部の写真。
壁体内で結露が発生を確認。
外張り断熱工法の施工不良による結露。水分(矢印)は上の釘から滴っている。

№695
岩手県奥州市

木材には上から滴った水滴痕(矢印)がハッキリと残されている。
写真左の壁石膏ボードにも水滴痕が残っています。

№696
岩手県奥州市

撤去した壁石膏ボード背面の写真。滴る結露水がハッキリと分かる。

№697
岩手県奥州市

天井裏の内部を撮影。配管ダクトが外張り断熱材を貫通しているがスキマ(矢印)となっています。

№698
岩手県奥州市

№697と同じ。
木材部分はスキマだらけで、
テープ処理も行っていない写真。
外張り断熱工法の欠陥工事だ。

№699
岩手県奥州市

同上№698。
この写真のみならず、別位置も調査した結果、外張り断熱工法の家はスキマだらけと判明。外張り断熱工法は完璧ではない。(※現在、裁判サポート中)

№700
青森県弘前市

基礎ヒビ割れ。幅0.45㎜。
原因は夏場の基礎工事。

№701
青森県弘前市

別位置のヒビ割れ。幅0.65㎜。連日の猛暑でコンクリートが急激に乾燥したもの。業者は湿潤養生を怠っていた。

№702
青森県弘前市

ヒビ割れ幅0.85㎜。
貫通したヒビ割れもありアウト。

№703
福島県南相馬市

大手ハウスメーカーが建てた2×4新築住宅。壁が傾斜している写真。(下げ振り糸まで50㎜で垂直)

№704
福島県南相馬市

こちらは壁が7㎜傾斜。家のあちこちで傾斜を確認。大工は建方時、寸法が合わなかったと証言した。

№705
福島県南相馬市

壁傾斜5㎜。瑕疵ギリギリの数値だが、ハウスメーカーは傾斜の事実を認めない。

№706
新潟県長岡市

これは築3年の住宅ですが、度重なる雨漏りで外壁を剝した時の写真。下地木材は腐りカビが発生。

№707
新潟県長岡市

透湿防水シートの欠陥工事。防水テープの補修も無い。

№708
新潟県長岡市

ベランダ排水パイプからの漏水。下地木材はボロボロに腐っている。

№709
新潟県長岡市

外壁を復旧する前に検査したところ、施工不良が次々と見つかる。写真は重ね幅が足りないもの。

№710
新潟県長岡市

同じく透湿防水シートの欠陥工事。重ね代が全くない。

№711
新潟県長岡市

透湿防水シートが通気不良でボロボロに劣化。シートの性能は格段に落ちる。

№712
新潟県長岡市

通気不良による透湿防水シートの劣化は住宅のいたる所で見つかったが、ハウス業者はこのまま外壁を張ろうとしていた。

№713
新潟県長岡市

1階天井裏のベランダ床裏を写した写真。この位置は最初から断熱措置が必要。結露が起きたと考えたハウス業者が雨漏り後にウレタンを吹き付けた。

№714
新潟県長岡市

ハウス業者が雨漏りを探した跡の穴はこのまま放置され、ちぎれた断熱材が散らばったままだった。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※不在が多いです。お電話がつながらない場合はメールでのお問合わせがスムーズです。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00

※サイト掲載内容は予告なく変更することがございますので、悪しからずご了承下さい。

サイドメニュー