新築・建売・中古・マンションなど仙台を中心に青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉の住宅検査/欠陥住宅/住宅診断専門の一級建築士事務所

欠陥住宅東北ネット/マイベストプロ宮城登録

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

2つの理由と工事ミス!

 新築欠陥トラブルは
30~40代の世代が圧倒的!

働き盛りにトラブルが多い理由は2つ。

①建築の知識に乏しい。故に『何が悪いのか? 』が分からない。

②多くの住宅購入者は共働きが多い。

①の理由として、施主は建築学や施工技術等に精通している人は少ない
②は日中仕事で建築中の状態を見る事ができない人が多い。

上記の理由で監視する者(インスペクター)がいない場合は、現場監督や職人達にとってはとても『お気楽』な新築現場となります。

工事ミスに気付いていたとしても『どうせ隠れる、是非は問われない』と見ないフリ。
施工チェックもせず、次々と工事を進めるので、造られた住宅は欠陥だらけ。

人材不足の現代では現場監督という人間も建築の経験や知識に乏しく、全て大工や業者任せであることが圧倒的に多いです。

施工サイドの一言に驚いた!

手抜き工事や欠陥工事は、週刊文春に掲載された某ローコストハウスメーカーに限ったことではありませんが、欠陥を作り出してしまった施工者たちは、工事のミスをどう思いながら住宅を作っていたのでしょうか?

下記は、とある会合の席で欠陥住宅が話題になった時の内容ですが、他県から出稼ぎに来ている大工棟梁と談話した際...

工事ミスに気が付いたらやり直し? しますよね?質問したところ

この大工棟梁は
やり直しなんかする訳がない!
と驚く発言をしたのです。

施工ミスに気が付いても
やり直しをするつもりは無い...?!

大工棟梁は周囲の雰囲気を感じ取り、しばらくしてその場を退去しましたが、このような『誠実さのカケラも無い』施工者たち多数存在しています

このような人間たちは施主が質問をしても『シロウト』と足元を見て、手抜き工事やその欠陥を専門用語を並べて正当化し、全く対応しようとしません。

あなたは
『住宅は完ぺきに作られるもの』
『正しく作られるもの』と信じていると思いますが、

しかし施工者サイドは
アナタが思うような
誠実な考え方をしていない』のです。

被害を受けた方々のヒアリングでは
自分はそうならない
他人事と思い
業者を信用して契約したが結果、

裏切られた』と皆同じことを言っています


誠実さのカケラもない人間たちが
携わっている事に気付かず、
無防備にも業者を信用してしまった...。

その根拠なき信用が仇となっています。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※お電話がつながらない場合は下記よりお問合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00