☆新築住宅(診断)検査/欠陥住宅調査☆仙台を中心に青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉 東京で実績多数☆インスペクション専門事務所

欠陥住宅東北ネット/マイベストプロ宮城登録

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい
新築で買ったはずなのに!?

新築の家が...寒い!

その寒い理由を住宅検査のプロが解説!

現代は低炭素住宅やゼロエネルギーハウスなど、住宅に対していろいろな性能が要求される中、高気密、高断熱住宅の仕様も当たり前の時代となっていますよね?

ですが。

当方への相談では『新築で建てた住宅なのになんか寒いんです...』という相談がとても多いです。

一体なぜでしょうか...?
新築なのに...。高断熱のはずなのに...。

それは次にあげる『4つの要素が原因』である可能性が高いです。

目次(※クリックでジャンプします)

【原因1】断熱材が原因かも?
・性能で分かれる断熱材!
・施工不良と住宅詐欺!

【原因2】24時間換気扇が原因かも?
・過大な換気計画!

【原因3】家中スキマだらけが原因かも?
・スキマだらけのズサン工事

【原因4】家の間取りが原因かも?
・コールドドラフト現象
・間取りによるコールドドラフト

〈アドバイス〉

【原因1】断熱材が原因かも?

性能で分かれる断熱材!

断熱材の性能は『熱伝導率』で区分され、熱伝導率とは『熱の伝わりやすさ』を表します。

熱伝導率の高い断熱材は熱を伝えやすく、逆に熱伝導率の低い断熱材は『熱を伝えにくい』断熱材なのです。

簡単にあらわすと性能の高い断熱材は熱を伝えにくいため、保温能力が高く、一度暖めると保温効果の時間が長く持続します。

一方、熱伝導率の高い断熱材は熱を伝えやすいため、保温能力に乏しく、暖房してもすぐ冷めるといった性能の低い断熱材となります。


性能の低い断熱材は安価なため、建設コストを下げるために建売住宅では多く見られますが、『寒い理由』は断熱材自体が熱伝導率の高い安価な断熱材が使われている可能性があります。

そもそも保温効果が期待できないものが使われているのかもしれません。

壁の断熱材が50㎜にすり替えられていた実例。(左が100㎜断熱材)

施工不良と住宅詐欺!

断熱材の施工不良や断熱材が入るべきところに入っていないという『詐欺まがい』が寒い原因となっていることは結構ある。と言っても過言ではありません。

たくさんの住宅を診断調査してきましたが、よくあるのは以下の4つ。
 

①断熱材が性能の低いものにすり替えられていた。
 

②断熱材の厚さが薄いものにすり替えられていた。
 

③断熱材が入っていなかった。
 

④断熱材が超テキトーに施工されていた。
 


断熱材は隠ぺいされているため、住宅が完成してからですと突き止めるのが難しい場合がありますが、露出しているところがあれば判別は可能。

これから着工する注文住宅や建売住宅であれば、どのような断熱材が使われるのか設計図面を確認することと、現場で直接、その断熱材を確認することが、これらを阻止する唯一の方法です。

既に完成してしまっている場合は専門家に相談することをおすすめします。

【原因2】24時間換気扇が原因かも?

平成15年にシックハウス法がスタート。24時間換気扇の設置が義務化。

過大な換気計画!

24時間換気扇。

聞いたことありますか?

これはシックハウス法によって設置が義務付けされたもので『1時間に0.5回以上、換気をしなさい』という法律の下、設置される換気扇のことをいい、またこの0.5回/hを基準とした数値を『換気回数』といいます。

 

『1時間に0.5回』の換気の意味とは? 

換気をしなければならない部屋の容積を100%とした場合、その部屋の空気を『1時間当たり50%の空気を入れ替えなさい』ということ。

暖房でせっかく温めた部屋の空気を、外の空気と1時間あたり50%入れ替える...。

効率的には矛盾しているようにも思えますが、シックハウス法で定められているものなので仕方がないですね。

ところが、『寒い』という住宅を診断調査すると、この換気計画が過大であることが判明することが実に多い


法律では1時間当たりの換気回数を0.5回以上としていますが、0.5回という下限はあっても上限がないことを理由に『0.5回以上であればなんぼでも良い』という解釈が成り立つため、設計士たちは過大な換気扇を選定してしまうのです。

クリックで拡大

右の換気計算表は住宅診断で書類調査により過大な換気設計が判明したもので、家が寒い原因を指摘したもの。

規定の換気回数0.5回/hから考えると、1.14回/hであり2.28倍の換気量となっています。

これは1時間で約114%の空気を入れ替えていることであり、言い換えれば30分で部屋空気の約60%の入れ替えが起きていた(交換させていた)実際の事例

さらに。

計算表にはありませんが、キッチンレンジフードとユニットバスの換気扇スイッチをONにすれば、どのようなことになるか分かりますか?

機種にもよりますが、換気回数がドーンと上がり、ものの10分程度で部屋の温めたすべての空気が排出されることでしょう。

これらのことを考えず、新築住宅を設計している無神経な設計士は世の中にあふれています。

自分の住宅がどのような換気量になっている等は、事前に説明をされることは99%無いと思いますが、換気計算表は建築確認申請書類の必須書類となっているので、確認することは十分可能。


これは建売でも注文住宅でも同じですが、分からない人が多いため、専門家に相談した方が良いです。

【原因3】家中スキマだらけが原因かも?

部屋の隅角部を撮影した赤外線映像。

スキマだらけのズサン工事!

シックハウス法により義務付けとなった24時間換気扇が常に稼働しているため、スキマがあれば常に外気が侵入しています。

スキマがある確率は床面の隅の部分である確率が高い。

隅角部は石膏ボードなどの建築材料同士が交錯する部分なので、スキマが出来やすいのです。

しかし外気は床下なので、室内とつながっていないはず...。


ところが床下とつながっている部分が多々あるのです。

クリックで拡大
床下から撮影

矢印が示すのが合板カットによるスキマ

右の写真は床下から撮影したもので、床の下地合板が写っているものですが、なにやらスキマがあるのが分かりますか?

これは柱に干渉する合板をカットした部分なのですが、かなり大きくカットされています。

柱をカットする訳にはいきませんので、合板をカットするのが通常ですが、あまりにもズサンなカットと言えるでしょう。

これが床と壁の隅部分につながっている施主さんの知り得ない隠蔽されたスキマです。

柱が立っている部分の合板は、1階も2階もすべてカットされますので、写真のようなズサンな工事をされていれば家中がスキマだらけということになります。


ほかにサッシの取付施工不良によるスキマ事例もありますが、こんなスキマがあることは、もちろん営業マンも知りませんので『寒いのは気のせいじゃないですか?』と言われてしまうことが多いかと思います。

【原因4】家の間取りが原因かも?

冷たいサッシなどで温度が下降する現象

コールドドラフト現象

コールドドラフト現象とは?

暖かい空気がサッシの冷たいガラス面などに触れて冷やされ、足元に流下する現象のこと。

冷たく冷やされた空気は暖かい空気より重いため、下へ下へと流れるように気流(空気の流れ)を発生させます。

このコールドドラフト現象は窓サッシなどにカーテンを吊るすなどで緩和することができますが、サッシ下に火気を使わない輻射式の暖房器具を置くことで抑制することが可能です。

しかし、窓1つに対して暖房器具を各1台づつ設置するのは非現実的な解消法とも言えるでしょう。


この現象は窓サッシで起きるものだけが、コールドドラフト現象ではありません。

家の間取りが原因で発生するコールドドラフト現象があるのです。

建物空間で起きるコールドドラフト現象

間取りによるコールドドラフト

住宅の間取りによるコールドドラフト現象。

冷たい空気は常に下方へすべり込む性質があり、温かい空気は冷たい空気に押し出され、常に上方へ移動する性質があります。

この空気の温度差が生み出すコールドドラフト現象が起こっている住宅があります。

例えば
2階へ行く階段がリビングに直接あり、ドア等で仕切られていない間取り。

リビングなどに吹き抜けがあり、1階と2階との空間が繋がっている場合など。

この住宅の間取りが、寒い原因となっている場合があります。


断熱材の性能(保温性能)が良い住宅であれば、徐々にこの現象は弱まってくるのですが、天井高さが高い部屋や断熱性能が低い住宅などでは、温まるまでは相応の時間がかかってしまうのです。



☆豆知識☆
暖かい空気と冷たい空気には『境目がある』のですが、これを中世帯(ライン)と呼びます。

天井が高い間取りの場合は、この中世帯のラインが高い位置にあり降下してくるのには、時間がかかります。

早く部屋全体を温めたい場合はシーリングファンなどを活用するのがベストです。

アドバイス

☆建売住宅を購入する時は断熱材は調べるようにしましょう!

☆断熱材の施工状況を見られるのなら必ず確認した方がベスト!

☆換気回数は後からでも変更することは可能ですが、なるべく設計申請する時期の早い段階で確認することがベスト!(換気扇機器が発注される前)

☆スキマは大工工事の際中で確認すること。

☆なるべく仕切りが出来る間取りがベター。


〈追記〉
暑がりな人と寒がりな人。
人はそれぞれですが一般的に冬場の室内温度は18℃~22℃が快適温度とされています。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※お電話がつながらない場合は下記よりお問合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00

サイドメニュー