☆新築住宅(診断)検査/欠陥住宅調査☆仙台を中心に青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 新潟 栃木 埼玉 東京で実績☆住宅(第三者)検査専門一級事務所

欠陥住宅東北ネット所属

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00 お気軽にお問合わせ下さい

安心していると
 建て直しレベルの構造欠陥に!  

【構造図】という図面を知ってますか?

構造図とは基礎の形状や建物の構造をはじめとする【建物の骨組み図面】のことを言いますが、あなたはご自身の住宅の[構造図]を見たことがありますか?

構造図面は住宅を建てる際、必ず必要となる図面ですが、恐ろしいことに構造図面を作成していない業者が存在しています。(特に地方が多い)

またハウスメーカーの多くは構造図面をすべてプレカット工場に作成させ、任せきりにしているのが現実です。

整合しない構造図

下写真は
基礎の構造と骨組みの構造が一致していないために起こった構造欠陥の例。

あるべきところにアンカーボルトがない。

あるべきところに基礎がないという構造の欠陥です。

岩手県北上市

土台の継ぎ手位置に
アンカーボルトがない欠陥

新潟県新発田市

柱直下に基礎がない
基礎の欠陥

青森県十和田市

人通口上部が大引き仕口
になっている構造タブー

栃木県芳賀町

耐力壁直下に
基礎が無い基礎構造の欠陥

下記に該当する場合、
構造欠陥を作られる可能性が高い

  • 1
    構造図がない
  • 2
    基礎伏図は(単線)で描いているような簡素な図面
  • 3
    アンカーボルトがどこに配置されるのか分からないような図面

■上記いずれかに該当する方は要注意。

プレカット図が出来上がって来ても、継ぎ手位置のタブーやプレカットの構造ミス、アンカーボルトの整合など構造のチェックはなされていない可能性があり、そのまま進捗すれば構造欠陥が作られる可能性が極めて高いです。

お問合わせはこちら

Line無料通話に対応します。
お気軽にお問合せください

※不在が多いです。お電話がつながらない場合はメールでのお問合わせがスムーズです。

お電話でのお問合せはこちら

022-781-8757
受付時間
AM9:00~PM18:00

※サイト掲載内容は予告なく変更することがございますので、悪しからずご了承下さい。

サイドメニュー